2006年09月15日

予備校の選び方

自分は社労士の勉強を始めるまで、クレアールという予備校は知らなかった。
ネームバリューだけで考えれば、TACやLECといった大手を選ぶところだったろうが、
セミナーに参加したり、面談したり、資料を取り寄せた結果、一番自分に相性がいいと感じたのがクレアールだった。
そして一年間勉強してきて、自分の選択は間違っていなかったと確信している。
もう一年勉強することになっても、迷わずクレアールを選択する。

ただ、大手の予備校については、少々食わず嫌いが過ぎたかなとも反省している。
自分がセミナーで会った先生は今一つだったものの、探してみるとイイ先生も結構いるのだった。
大手の強みの一つは、たくさんの先生の中から自分の気に入った一人を選ぶことが出来るということ。
首都圏や関西圏に住んでいる通学生なら、振替制度なんかを使って、どんどん他の校舎での講義を見られるのだから、これを利用しない手はありませんな。

裏を返すと、最近話題のI塾にも「おやおや?」と思うイマイチ先生もいるような…。
(↑あくまでセミナーで感じた主観です。特に批判する気はありませぬ。塾長先生はオススメできますし)
ですからあまり予備校の名前だけにとらわれず、自分が勉強しやすいと思う教材か、そして何より講義を担当する先生との相性、これを重視して予備校を選ぶのがいいでしょう。

なにせ20万前後払わされる高い買い物ですから、自分が本当にイイと感じるものを買わないとね。
posted by YASU at 08:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。