2006年07月08日

ハイレベル答練(国年)

●国年1(選択式5×4問&択一式20問・1時間)
選択式 14/20(足きり2)
択一式 17/20

●国年2(選択式5×4問&択一式20問・1時間)
選択式 17/20(足きり0)
択一式 12/20

「年金がアッという間にわかる本」の読破で1日、
テキスト読み込み&過去問でまるまる2日、
ポイント集のチェックも含め、結果的に3日間も予習したことに。
おかげで1回目の択一式は手応えあり、しかし選択式でガックシ。
対して2回目の択一式は大苦戦、ちょっと長文になって問題ひねられるだけで全然誤りポイントが見分けられなくなってしまった。

厚年が難しい分、国年で稼がないとって言われてるが、自分にとっては国年でさえかなり厳しいな〜。
こんなゴチャゴチャしてたら、そりゃー国会議員も未納るわけだわ(笑)
試験に間に合わなかろうがなんだろうが、地道に理解していくことにしやす。
posted by YASU at 00:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20432376
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。