2006年09月15日

予備校の選び方

自分は社労士の勉強を始めるまで、クレアールという予備校は知らなかった。
ネームバリューだけで考えれば、TACやLECといった大手を選ぶところだったろうが、
セミナーに参加したり、面談したり、資料を取り寄せた結果、一番自分に相性がいいと感じたのがクレアールだった。
そして一年間勉強してきて、自分の選択は間違っていなかったと確信している。
もう一年勉強することになっても、迷わずクレアールを選択する。

ただ、大手の予備校については、少々食わず嫌いが過ぎたかなとも反省している。
自分がセミナーで会った先生は今一つだったものの、探してみるとイイ先生も結構いるのだった。
大手の強みの一つは、たくさんの先生の中から自分の気に入った一人を選ぶことが出来るということ。
首都圏や関西圏に住んでいる通学生なら、振替制度なんかを使って、どんどん他の校舎での講義を見られるのだから、これを利用しない手はありませんな。

裏を返すと、最近話題のI塾にも「おやおや?」と思うイマイチ先生もいるような…。
(↑あくまでセミナーで感じた主観です。特に批判する気はありませぬ。塾長先生はオススメできますし)
ですからあまり予備校の名前だけにとらわれず、自分が勉強しやすいと思う教材か、そして何より講義を担当する先生との相性、これを重視して予備校を選ぶのがいいでしょう。

なにせ20万前後払わされる高い買い物ですから、自分が本当にイイと感じるものを買わないとね。
posted by YASU at 08:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ブログ、一通り拝見させて頂きました。クレアールの受講生さんだったのですね・・・何せ、顔と名前とHNが全く一致しませんもので失礼しました。
 
 私の方は、10月1日のセミナーを皮切りに、毎週水道橋に参りますので、見かけたら声かけて下さい。
 
 今後ともよろしくお願いします。
Posted by ひよこ at 2006年09月15日 14:42
うげげっ、ついにひよこ先生に見つかってしまった(笑)
このブログを見ても顔とHNは一致しないでしょうが、先生は私のことを絶対覚えていると思います。

(1)1月の懇親会のあと2次会ご一緒しました。
(2)馬場校の7点アップセミナーで先生の真正面に座って恥かきまくりました。
(3)試験一週間前に自習室で勉強していたら「頑張ってね」と声をかけていただきました。

わかりました?

一週間前の「頑張ってね」の一言は、本当に大きな勇気をもらいました。
おそらく今年もお世話になると思うので、よろしくお願い致します。
Posted by YASU at 2006年09月15日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23776288
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。