2007年03月19日

勉強会の話の続き

前回書いた『スキルアップ研究会』の話の続き。

前半のパワーポイントを使った資料作成スキルみたいな講義の件。
「ん〜?」と思った点はいろいろあったのだけど、特に気になった点を2つほど。

1.パワーポイントの字が小さくて読めない

一番上にタイトル、その下にメッセージ(簡単な説明書き)、そしてボディ(図やら表やら)みたいな話があったのだけど、それだけ一画面に詰め込んでしまうと見えないのでは?
たしかに紙資料にプリントした場合はそれで問題ないのかもだけど、PCでスクリーンに映し出す場合は見えない。今回は紙資料がなかったので、1ページ目にタイトル&メッセージ、2ページ目にボディという流れがベターだったように思う。
それに。。。そもそもタイトルの文字からして字が小さかった。
自分が会社員だった時代には「どんなに字を小さくしても、せいぜい1行40字ぐらいのレベルにしとけ」とか言われたような気がする。
ところがそのタイトルの文字が、1行40字レベルだった。
つまり本文や表中の文字なんかはもっと小さいというわけ。
自分が一番後ろに座っていたのがいけないって話もあるが、あれだと前方の席の人でも目をこらして見なければ読み取れなかったと思うのだけれど。

2.話すスピードが早くてメリハリがない。

とってもキレイに、流れるようにペラペラお話される方だったのですよ。
だから一見、上手に喋ってるように思えるのだが、残念なことに早すぎ&抑揚があまりないことで、どのあたりがポイントなのか、話の内容が印象に残らなかったのです。
紙資料がなく、スクリーンに映すパワーポイントもちゃっちゃか切り替えられてしまうので、今何を話してるかを見失ってしまうこともしばしば。
予定より20分以上早く話が終わっていることを考えると、2〜3割
スピードを落として喋っても良かったのではなかろうか。

じつは先週末、さらには先月半ばにも別の勉強会に参加したのだけれど、どちらの講義でも特別喋りが上手い方が話されたわけではなかった。
ゆっくり丁寧に喋るタイプというのか、でも適度な間を持って話されていたことで落ち着いて聞けたし、話にメリハリがあったので内容が印象に残っているのです。
何を隠そう、自分自身も緊張すると早口になってしまうタイプ。
んで「聞きづらい」とお叱りを受けてしまうのです。
つまりは早くて流れるような喋りが、決してイイというわけではないということ。この辺は自分自身の戒めにもしていきたい。

と、初参加者のクセに辛口コメントばかりつらつら書いてるけど、勉強になる部分もたくさんあった。
だいたい自分がセミナーの講師をやれって言われたら、きっとこんなに上手く喋れないし、今はまだ中味の濃いものはお話出来ないし。
この勉強会はメンバーが互いにスキルアップしていくことが目的のようだから、意見はどんどん言ってもいいのだろう。
出席者からアンケートをとり、さらにそこに書かれた意見をまとめてメールでフィードバックするというシステムにも非常に好感が持てるし。

というわけで今週末はさらに別の勉強会のお誘いを受けたので、またまた参加してこようと思います。
来週の水曜日には東京社会保険事務局主催の「ねんきん公開講座」にも行ってきます。
ものすごい勉強熱心のように見えるかもしれませんが、とにかく今後の方向性を考えるために紆余曲折してるだけの話なのでお間違いなく。

事務指定講習、ようやく事例別に用紙の仕分けが終わりました。
まだ1枚も書いてません。やばっ!
posted by YASU at 23:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社労士全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週末はどうもお疲れ様でした。

今は何事も貪欲に吸収すればいいと思います。その中から自分に合いそうなものを選んで煮詰めていけばいいのではないでしょうか。

私もそうですが、1点差で落ちていたことを考えるともっと勉強してもいい位とは思いますが、そうは言ってもなかなかというところでしょうか。

これからも意欲的に頑張りましょう。
Posted by レブンスター at 2007年03月20日 01:21
>レブンスターさん

こちらこそどうもお疲れ様でした。
本当に一発で合格できると思っていなかったので、今年はその分、じっくりと社労士とFPの可能性について実務的な側面から勉強して行こうと考えている次第です。
これからもご指導のほど、よろしくお願い致します。
Posted by YASU at 2007年03月21日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。